House Freak Pick up Party…『Transitions Vol.3 Release Party』at SAZA★E 2007.10.23 (Tue) DJ: John Digweed
House...House...Deep Tech Funk Groove DJ CD EP Mix Audio Video
--.--.-- -- | Posted in スポンサー広告 | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマーク - スポンサーサイト
2007.10.19 Fri | Posted in Pick up Party | Edit |
20071019171317.jpg

Guest DJ: John Digweed
DJ: KO-MATSUSHIMA, JUSE, BLUE TREExxx,
VJ: FILM ELEPHANT, MITSUHARU

Door: 3,000yen w/1drink With Flyer 2,500yen w/1drink
Date: 2007.10.23 (Tue) Open 20:00~
Genre: Progressive House

UKの良質レーベル『Renaissance』から9月末に発売された『John Digweed』のMix CD『Transitionsicon』シリーズ第3弾のリリースパーティーが『SAZAE』で開催ですw
昨年の11月に1200人オーバーだったからなのか…おもっきり平日ww
週末は『Space Lab Yellow』の『Kool』であるみたいです^^
※『Transitions Vol.3』のトラックリストは続きを読むへ…

icon
icon
フォーマット: CD
組み枚数: 1CD
発売日: 2007年09月23日
レーベル: Renaissance
ジャンル: Progressive House

↓Track List↓
01. Sasha / Coma [Transitions Intro Edit]
02. Marc Marzenit / Spheere
03. Sweet N Candy / There
04. Lawrence / Along The Wire [Superpitcher Mix]
05. Einzelkind / Maferefumeco
06. Christian Fischer / Advance Panorama
07. Daniela Stickroth / Chest In The Attic
08. Joel Mull / Begun The End Has
09. Paul Ritch / Messene
10. Reshuffle / Hedonism
11. Pelle Buys / Come Into My World [Chaim Mix]
12. Chaim / Genesis
13. Dusty Kid / Kore
14. Aldo Cadiz / JS Cuba
15. Ink & Needle / Seven
16. Someone Else / Lowdown Brittle [Wink's Profound Sound Interpretation]
17. Solead / Giddy Down [Jamie Stevens Mix]
18. Adam Freeland / Silverlake Pills [Gui Boratto Remix]
19. Umek / Ricochet Effect
20. Guy J / Save Me


『Introduction』
10代でアシッドハウスの洗礼を受けた John は、90年代の初めにイギリスのヘイスティングで小さなパーティーを開始、これが後に世界を大きな嵐のように席巻することになる Bedrock 伝説の始まりであった。'93年には、制作面でのパートナー Nick Muir とのユニット Bedrock 名義で Dave Seaman 率いるStress Records から'For What You Dream Of'をリリース。クラブ・シーンで大ヒットを記録したこの曲がきっかけで、John Digweed と Bedrock の名前は一躍シーンから注目される存在となる。その翌年'94年には、盟友 Sasha と共にSasha & Digweed 名義でミックスCDの歴史的名盤「Renaissance - The MixCollection」をリリース。プログレッシブ・シーンの夜明けを高らかに宣言すると共に、その人気とステイタスを決定的なものとする。'96 年には前述の'ForWhat...'が映画「トレイン・スポッティング」の挿入曲として使用されるなど、その知名度をお茶の間レベルまで広げた John は Sasha と共に、当時 JuniorVasquez が教祖として君臨していたニューヨークの巨大クラブ「トワイロ」へと乗り込み、伝説的とも言われるレジデント・パーティーを始動。その後の全米ツアーを経て、ハード・ハウス一色であったそれまでのクラブ・ミュージックの世界地図を完璧に塗り替えてしまう。

'99年には、自らのレーベル Bedrock を旗揚げ。いきなり'Heaven Scent'や'Voices'といったアンセムをドロップすると同時に、Steve Lawler、DannyHowells、Jimmy Van M、Chirs Fortier、Phil Thompson などの才能を数多く送りだし、トップ・アーティストの登竜門的な存在として不動の地位を作り上げる。

20071019180902.jpg

more Info...
SAZAE
Renaissance
John Digweed Official Site

FC2ブログランキング人気blogランキング
はてなブックマーク - Pick up Party…『Transitions Vol.3 Release Party』at SAZA★E 2007.10.23 (Tue) DJ: John Digweed
Share |
Comment

管理者にだけ表示を許可する
Trackback
Trackback URL
http://housefreak.blog88.fc2.com/tb.php/159-5278f4bb
お気に入りブログの最新エントリー
アクセスランキング
Twitter
気になるニュース
Amazon
あわせて読みたい
あわせて読みたい
カウンター
copyright (C) House Freak all rights reserved.  
designed by House Freak  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。